尋常ではない快感を得られる”ポリネシアンセックス”とは

こんにちは!管理人の元陰キャラ非モテ男子代表の陰太です!!

あなたは”ポリネシアンセックス”という言葉をご存知でしょうか?やり方自体は特に難しい事はないこのポリネシアンセックスですが、通常のセックスとは違い、桁違いの快楽を得る事ができるというものです。やり方は簡単なのですが、よくわからない状態でやってしまうと失敗してしまう場合も少なくないらしいので、今回はこのポリネシアンセックスについて詳しく掘り下げていきます。

この記事を読むことで、 セックスパートナーと一緒に尋常じゃない程の快楽の海に溺れましょう。

そもそもポリネシアンセックスとは

『そもそもポリネシアンセックスとは何?』と疑問に思う人も多いでしょう。ポリネシアンセックスとは、ポリネシア地方で伝えたれてきたというセックスの思考の事です。

感覚的には”スローセックス”と似ているセックスの方法で、肉体的な快楽の他に、精神的な快楽を得る事が可能になります。特別な道具等を使う事もなく、誰にでも簡単に実践することができるセックスの方法です。

しかし、じっくりと時間を掛けて行うものなので、性欲が強く気が短い方は慣れるまでに時間が掛かってしまうかもしれません。

普段のセックスではありえない快楽を得られる

通常のセックスの場合だと、イク瞬間やイッた後の快感というものはすぐに消えてしまい、余韻を楽しむ間もなく賢者モードに入ってしまいませんか?気持ちのいい時間はイク瞬間等で比較的すぐに終わってしまいますよね。

しかし、ポリネシアンセックスではオーガズム時の感覚を長時間味わう事が可能になる方法なので、通常のセックスではありえない程の快楽を味わう事ができるのです。

一度体験するといつもとは違う最高のイク感覚を味わう事ができるので、無心で余韻に浸るその快感の虜になってしまうこと間違いなしです。

長時間かけてゆっくりと行為を行う

普段あなたはセックスにどのくらいの時間を掛けているでしょうか。

通常のセックスであれば前戯から後戯までで1~2時間くらいで終えると思います。しかし、ポリネシアンセックスの場合は時間単位ではなく、長い期間を掛けてじっくりと愛を育みます。

ポリネシアンセックスでは沢山ゆっくりと時間を掛けて愛撫をして挿入は決してせずにお互いの気分を高め合い続けますそして気分が最高潮に達した時最後に挿入するのです。

男性にとっては挿入できないセックスというのは苦痛に感じてしまうかもしれません。ですが、このようにして時間を掛けて焦らし続け、じっくりと快感を高める事により、男性でも女性のように長く深いオーガズムを感じる事が可能になるのです。

ポリネシアンセックスの詳細

ポリネシアンセックスを行う上で、具体的にはどのような特徴があるのかをここから解説していきます。

ポリネシアンセックスでは通常のセックスとは大きく異なる点が、主に3つあります。

ではどのような特徴があるのか詳しく見ていきましょう。

5日間掛けてセックスを行う

通常のセックスとポリネシアンセックスでは、大きく異なる点としてはセックスに掛ける時間です。ポリネシアンセックスでは1~4日目は挿入は行わずに、5日目に挿入します。

始めの4日間はお互いの性器への刺激を与える事をせずに、焦らし続けて5日目の挿入へ向けて気分を高め合っていきます。

前戯を最低でも1時間掛けて行い、挿入後は30分は動かないようにお互いが密着していることを感じることをするなど、男性にとってはかなりの焦らしプレイになります。

しかしこの我慢をして苦行を乗り越えることにより、通常のセックスではありえない程の昇天するような快楽を得る事ができるのです。

お互いに深い愛情を確認できる

同じパートナーと何度も何度も回数を重ねたセックスでは、初めの頃のようにドキドキするような刺激的なセックスではなくなってきていて、なんだか空しく感じている方も多いのではないでしょうか。

ポリネシアンセックスでは射精などの肉体的な快楽より、精神的な快楽を重視しています。なので通常のセックスよりももっと深く愛情を確認できるのです。

身体だけで特別な道具を使うことなく、手間も掛けずに心の重なったセックスをすることができるので、マンネリ打破をするためにはもってこいのセックス方法とも言えます。

男性も女性のようにオーガズムを感じる事が可能

女性の快感というのは男性とは違い一時的なものではありません。セックスを行っている間は継続的な快感を得る事が出来ます。しかし、男性の場合は射精時の一時的な快楽で終わってしまいますよね?

ポリネシアンセックスを行う事により、男性でも女性のような長時間のオーガズムを体験することが可能になります。

例えてみると骨に電撃が走るような、頭から足先まで痺れる感覚が長時間続くようになり、その快楽は射精時のそれとは比べ物にならない刺激です。

ポリネシアンセックスを成功させる為に、丁寧な愛撫を怠らないことや、射精できない期間を我慢する価値は十分にあるのです。今まで味わった事のないような猛烈な快楽を経験することができるからです。

ポリネシアンセックスの詳しい方法

それではポリネシアンセックスの詳しいやり方について説明してきます。先ほど少し述べた部分もありますが、長時間掛けて行うセックスの手法です。

しかし、ただ単に時間を掛ければいいという訳ではなく、非常に奥が深いセックス手法になります。『時間を掛ければ良いだけ』なんて思っている方は今すぐその考えは忘れましょう。

では、正しいポリネシアンセックスのやり方を知り、失敗することなくポリネシアンセックスを成功させて深い快感を得てみましょう。

1~4日間は1時間お互いの身体を触るだけ

通常のセックスでは愛撫を行なってから挿入して射精してフィニッシュという流れが主流です。

しかし、ポリネシアンセックスでは1度のセックスに5日間掛けて、その間に挿入と射精が可能なのは5日目の1度のみです。

1日目から4日目は1時間程掛けて、お互いの身体を触ったり、抱き着いたり、甘い言葉を掛けたりと、いちゃいちゃラブラブとした前戯を行うます。そこで注意が必要なのは、お互いの性器には決して触れない事。

1時間も女性の身体に触れ合ったり触れられたりしていると、気分が高揚してきて挿入したくなる気持ちがどんどん高まってしまいますが、そこはグッと堪えましょう。

この期間、もちろんオナニーも禁止なので、かなり悶々とした機関を過ごすことになります。しかし、この焦らしの期間がポリネシアンセックスの成功への道のりとなるので、最高の快楽へ向けて頑張りましょう。

5日目の挿入時、30分は動かない

ポリネシアンセックスで一番重要になってくるのはこの5日目の挿入時に30分動かない事です。

4日間も挿入を我慢してきてやっと5日目に挿入することができたとしても、動くことが出来ないというのは男性にとってかなりの苦行になるでしょう。

また、30分間動けずに膣内に挿入したままだと、おちんちんが萎えてしまったり、女性の膣内が濡れなくなってしまったりとして、その後セックスを継続できなくなってしまうことも多いです。相手の女性が性的に興奮せずに濡れなくなってしまった時は少しだけ動くなどして女性の様子を見ながら継続するようにしましょう。

30分動かないように耐え抜いた後にピストン運動を始めると、頭からつま先まで痺れるような、今までに味わった事のない快楽を経験することができるでしょう。

出来るだけ避けたいポリネシアンセックスが失敗する時

通常のセックスでは味わう事の出来ない、男性でも女性のような深いオーガズムを感じる事ができるポリネシアンセックスですが、成功するまでに至らずに失敗してしまうケースも少なくはありません。

折角時間を掛けて気持ちの良いセックスをしようとしているのに、失敗して快楽を得ることが出来なくなってしまうのは虚しいものですよね。できればそんなことは避けたいところです。

ではポリネシアンセックスで失敗してしまう場合の理由を知っておいて、理解して逆算することにより、失敗する確率を減らして確実に成功へと導いていきましょう。

男性側がピストンできないので萎えてしまう

男性側にとっては挿入してからピストン運動をできないという状況はかなり辛いものですよね。ましてや5日間もお預けにされていたのですからその衝動は計り知れません。

膣内に挿入してから動くことができないので、女性の中でおちんちんが萎えてしまいます。その結果、萎えてしまってセックスを継続することができなくなり失敗してしまうというパターンがとても多いのです。

おちんちんを勃起させたまま膣内に30分挿入しておくという事が、ポリネシアンセックスを行う上で一番の難関になると言えるかもしれません。

この失敗を避ける為の方法としては、セックスの前に食事をしてしまうと欲求が満たされてしまい性欲減退に繋がります。なのでセックス前に食事は避けるようにしましょう。

重要なのはどれだけセックスに対して意識を集中できるかに掛かっているので、もし30分どうしても勃起した状態を保つのが難しいと思ったときにはほんの少しだけ動くなどしてみましょう。今まで抑えていた分、少し動いただけでも勃起を維持することができるはずです。

5日間という時間を上手く作ることが出来ない

お互いに働いていたり遠距離恋愛をしている人にとっては、5日間連続でセックスの為に時間を作ること自体が難しいかも知れません。

ゆっくりと時間を掛けて行うポリネシアンセックスは、忙しい人や予定が合わない人にとっては向いていないと言えます。なぜなら上手く時間を作ることが出来ずに失敗してしまう事が多いからです。

お互いに仕事などで疲れているなか、愛撫することに1時間も時間を掛けたり、挿入を我慢したりと精神的にも肉体的にも厳しい面はあります。ポリネシアンセックスを成功させるためにはクリアしなければいけない点がいくつもあるのです。

寝る間も惜しんでポリネシアンセックスを行おうとすると集中できずに結局失敗に終わってしまうこともあります。ポリネシアンセックスを試してみようと思う場合は長期休暇中の旅行をしているときや自分と相手の時間的な余裕と精神的な余裕がある時に行うのがベストです。

少し長文になってはしまいましたが、ここまでポリネシアンセックスについて解説させて頂きました。ポリネシアンセックスを行うことにより、通常のセックスでは味わう事の出来ない快感を体感することができます。

また、肉体的な快楽だけではなく精神的な快感を覚えることが可能なので、パートナーとのマンネリを打破するのに用いたり、相手の愛情を確かめ合いたい人にお勧めです。

しかし、ポリネシアンセックスは5日間という長い時間を掛けてじっくりと行うセックスなので、性欲を我慢できなかったり、上手く時間を作ることが出来ずに失敗してしまうケースも多いです。

だからこと、ポリネシアンセックスの正しい方法や、失敗ケースの回避方法を念頭に入れながら、最適なタイミングで行うことをお勧めします。

是非、あなたもこの通常のセックスでは絶対に味わえない最高の快楽を体験してみてください。

【2020年度最新】出会い系サイトおすすめランキング

  • PCMAX
    4.5

    出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

    ★おすすめポイント★
    ・20~30代の若い女性の集客が得意
    ・毎月20ポイントをくれる
    ・初回登録時の無料ポイントが600円分もらえる
    ・プロフィール閲覧無料

  • ハッピーメール
    5

    ★おすすめポイント★
    ・女性のプロフィール閲覧にポイントを使用しない
    ・ギャル系の若い女性が他のサイトに比べて多い
    ・初回登録時にもらえる無料ポイントが1200円分と抜群!!

  • ワクワクメール
    4.4

    ★おすすめポイント★
    ・キャッシュバックの制度がないので、ポイント稼ぎをする女性がいない
    ・えろい女性が多い
    ・女性会員を獲得するための広告費がえぐい
    ・頻繁にイベントが行われ男性ユーザーにも好評

最新情報をチェックしよう!